« 一通目の手紙への対処 | トップページ | そしてドアの前でばったり »

2019年4月10日 (水)

とにかく時間稼ぎは出来た

さて、とにかく「誤解だった、ごめんね」という手紙を受け取りました。

 

一見、誤解がとけたかのようにみえますが、
西村ミドリさんは
統合失調症患者なので
精神科医にかからない限り
この問題は解決できないのです。

だって幻聴と被害妄想はやまないわけですからね。

 

隣人として言えるでしょうか?
「あなたが今かかっている心療内科はヤブだから
きちんと精神科医に行ってくれ」

 

言えません。

 

フツーに友人(ただしロックオンされていない)なら言えるし、
たまたまわたしのクリニック(精神科でも心療内科でもない)に来た
患者さんなら医師として言えるのです。

 

 

 

問題は解決しないとわかっているので、
賃貸物件を探しながらの引っ越し準備を始めました。

ネットで手ごろな物件を見つけてはメールして連絡を待って、
休日は物件を見に行き、
平日はひたすらモノを捨てました。

 

もう物件を買うことは考えられません。

 

また新築だか中古だかの物件を買っても
隣人がマトモだとは限らないんです。

 

だって100人に1人の超メジャーな疾病ですからね!

 

ファミリー物件だったら、4人の家かもしれないよね。
そしたらそこに統合失調病患者のいる確率はなんと4%だよ。
両隣、上下やお向かいと考えれば16%くらい?
家族性や環境を考えればもちろんこんなに単純な数字じゃないけど。

 

いつロックオンされるかわからないでしょ?

 

ほとんどの患者さんはねえ?
ちゃんと治療を受けて平穏に暮らしているの。
でも薬を切らすとどんどん進行しちゃうの。
治療を受けないと人格は崩壊するの。
人格が崩壊して自殺しちゃったり、
ごくごく稀に、殺される前に殺さなければとか思っちゃったりするの。

 

・・・・・・。

 

統合失調症はイメージが悪すぎんだよ!

 

鬱病は市民権を得ているのに、統合失調症は尻込みしちゃう人が多い。

 

ちゃんと合う薬を飲み続ければいいだけの話なのに、
精神科に行くのをいやがったり、
統合失調症と診断されても認めたくなかったり
家族が、「精神科になんかいくと外聞が悪い」とか言って行かせなかったり
家族が「うちの子が統合失調なんて、そんなはずはない」と認めなかったり
家族が「調子いいからもうクスリはやめたら?」

 

とか言っちゃったりするんだよ。

 

「人殺しをしても無罪になる人」
という恐ろしいイメージが先行しているのかもしれないな。
そんな恐ろしいモノになりたくないし、家族がそうだと認めるのもイヤって。

 

刑法はおかしいと思う。
精神疾患であったとしても、人を殺したら殺人罪として裁かれた方がいいよ。
現代社会にあって、病気に対処しなかった責任を問うべきだよ。

 

そのほうが善良な精神疾患患者も健常人も幸せになると思うよ…。

 

えっ?話がそれた?
それてないよ、大事な事なんだよ。

 

統合失調症患者もきちんと裁かれる世の中になって、
そして統合失調症患者を見る目が変わって、
統合失調症患者は治療を受ければ被害妄想も幻聴もなくなって
ハッピーになって、
「オレ統失なんだけどぜんぜん平気。ちゃんと飲んでっからさ!」って
堂々と名乗れるようになって、
友人が被害妄想めいたことを言うようになったら
「あー精神科行きなよ」
と気軽に言えるようになって
「わたし統失だから子供は発症しないようにノビノビ育てなくちゃ」
なんて言えるようになったらどんなにいいだろう。

 

まあとにかく、わたしはもう家は買わないと決めました。
一生賃貸でいいや、、、

 

賃貸物件に住むのは15年ぶりですよ。
なので探すのも15年ぶり。
そう簡単に決断できない…。
見に行けるのは週に二日間だけだしね。

 

断捨離作業はたいへん進みました。
粗大ごみを大量に出しましたよ。

 

モノはなんといままでの1/3ほどになったでしょうか。

 

モノを捨てると気持ちが軽くなるってよく聞きますが
まさにその通りで、
じつはかなりハイになってました。

 

西村さんから解放される!
モノを減らして新しいところに住むのだ!
新生活だ!

 

って。

« 一通目の手紙への対処 | トップページ | そしてドアの前でばったり »

隣人の発症」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31