« 引っ越した。 | トップページ | 三通目のお手紙全文 »

2019年5月 3日 (金)

同僚の告白

引っ越して、マンションを売りに出したら、
同僚たちは「行動が早い」と感心した。

峠谷さんはつくづくこう言いました。

 

「せっかく快適に暮らしていたのにとか
せっかくアジサイを植えたのにとか
私が悪いわけじゃないのに
どうして私が引っ越さないといけないの?とか言って
執着すると、不幸になるんだよね…」

 

えっ!?
そ、そうだね、たしかに、、、
せっかくエアコンも買い替えたばっかりだったし
コンロも30万円かけていいのに変えたばっかりだったんだよ!

 

そして未練は何ひとつ無い!

 

でも、この手合いで検索すると

 

「引っ越さないで勝てない戦をしている人の苦労話」

 

が何件もヒットする。

 

なんで引っ越さないんだろう??

 

と、ほんとうに思う。

 

精神病の人と戦っても勝てないよ?
逃げるべし。

 

Photo_2

 

 

 


わたしはこのトラブルがあってから連日、
同僚に統合失調症はどんな病気なのか、
ミニ講義めいたものをしていました。

 

中には医療従事者のくせして、
自閉症とゴッチャにしてるような人もいますからね。

 

 

・・・・・・・・・。
西村さんのことは嫌いじゃなかった。
彼女は旦那のグチを言っても
毎朝5時に起きて早くから洗濯ものを干し、
いつもお化粧をきちんとして、
いつもお料理をきちんと作って(ニオイでわかるもん)
専業主婦としてかくあるべしと頑張っていたんだよ。

部屋はホコリとカビだらけだったけど、
彼女なりに本当にがんばっていた。
病気になっちゃっただけだ!

病気だという自覚もちゃんとあって
どうにかしようと心療内科にもかかっている。
そして不幸にも、ヤブ医者にかかってしまったんだ!

 

と力説しました。

 

※しつこいですが
心療内科医というのは、
腰がとっても痛いのに整形外科で異常ナシと言われたとか、
心配事があってシクシク胃が痛いとか、
体がキツイときにかかるべきものであって、
こころが不調の人は精神科医にかかるべし!

 

もしわたしが精神的に不調におちいったら
まよわず精神科医にかかります!

 

 

 

さて、、、

 

わたしが本当にびっくりしたのは
峠谷さんの告白だった。

 

Photo_3

 

(画像はマチガイです。)

 

 

 

峠谷さんのおばさん(70代)がむかし発症して、診断を受けている。
峠谷さんはその一人暮らしのおばさんに
月に何回か会いに行っているという。

 

峠谷家のきょうだい5人でかわりばんこに
ちゃんと薬を飲んでいるか、平穏にやっているか、
様子を見に行っているというのだ。

 

統合失調症は遺伝する確率は5割。
あとは環境要因。
強いストレスがかかると発症する率が高くなる。

 

峠谷さんとはかなり長いつきあいで、
お互い込み入った話もしてきたつもりだが、
この告白は初めて聞いた。

 

わたしが
「統合失調症が正しく広く知られるようになればいい。
躊躇なく精神科医にかかり薬でハッピーになってほしい。
毎日毎日おそろしい騒音が聞こえてきて、
みんなが自分を攻撃していると思いこんでいて
殺される前に殺さなければ、と思ってしまうなんて
なんて不幸なんだ!どんなにつらいだろうか!
その人が悪いわけじゃないのに!」

 

とここしばらく力説していたから
告白する気になってくれたんだろうか。
それは聞いていない。

身内に統合失調症がいるなんて
話したくない…こういう空気をわたしは変えたい。

 

だれか国民的アイドルが
発症して復活して、
「統合失調症はクスリでハッピーだぜ
治療しないとマジつらい」
って公表してくれないだろうか…。

 

不必要に怖がって触らないような世間、
そしてロックオンされた人に対し
「イケニエなのよ、かわいそうに。私は何もできないけど」

 

 

というようなイヤな社会がはやくよくなることを願って。
統合失調症患者のハッピーはすなわち健常人のハッピーです。

« 引っ越した。 | トップページ | 三通目のお手紙全文 »

空気」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31